向いている人

wooden temple

神殿で行なう日本伝統の挙式スタイルである神前式では、神様に結婚の報告をするという儀式です。儀式では、三々九度の杯や玉串拝礼といったことが行なわれます。
東京には挙式をすることのできる教会、神社、ホテル等沢山あります。これから挙式をするというカップルの中で、教会式にするか悩んでいるというカップルの為に、神前式に向いているタイプをお教えします。
・自分たちだけの問題と考えていない
結婚をするということは、自分たちだけの問題ではありません。両家の親族同士も結ばれるということになります。自分たちだけではなく、家同士が結ばれることが結婚と考えているのであれば日本の伝統的なスタイルが良いでしょう。
・日本人に誇りを持っている
最近、海外で日本ブームとなり外国人が着物を着て日本の伝統を楽しむというケースが増えています。しかし、やはり着物が似合うのは日本人です。また、自分が日本人でよかった、日本が大好きといった人は伝統を守るためにも神前式がぴったりです。
・絆を深めたい
教会式を行なうことでも2人のきずなを深めることができますが、神前式では教会式にはない厳かな雰囲気、日本古来の様々な儀式が盛り込まれています。そのため、儀式を行なうことで、改めて結婚の意味を考えさせられ、夫婦や親族同士の絆を深めることができます。
神前式ができるところは東京に沢山ありますが、選ぶ場所によって雰囲気は全く違います。特に東京は広いのでアクセス面等も考慮して自分たちのイメージに合うところを見つけましょう。きっと素敵な神前式ができる会場が東京で見つかります。